バイナリ―オプションに税金って掛かるの?

バイナリーオプションは、株取引やFXなどの投資と同様に利益が出た場合は課税対象となるので、必ず確定申告をして税金を納める必要があります。毎月納税するのではなくて、1月1日から12月31日の1年間で20万円の利益が出た場合に年度末に確定申告を行います。

 

国内業者を利用した場合

国内のバイナリーオプションを提供している業者を利用した場合は、申告分離課税が適用されます。申告分離課税とは本業などの他の所得と合算せずに、分離をして別々に納税してくださいという課税方式で、税率は一律20.315%となっています。例えばバイナリーオプションをして100万円の利益が出たとしたら約20万円を納税しなければいけないので、手元に残る利益は80万円という計算になります。

 

海外業者を利用した場合は?

国内の業者を利用した場合は申告分離課税が適用されますが、海外のバイナリーオプションを扱っている業者との取引で得た利益は総合課税で計算されます。総合課税とは全ての所得を総合して税金を支払う方法で、収入によって税率が変わってきます。利益を上げれば上げるほど税率が高くなる仕組みで、330万円以下だと税率が15%なので申告分離課税の税率の一律20.315%よりも低い税率なので得をする計算になります。しかし695万円以上の収入があればあっという間に税率が上がる仕組みとなっています。最近では海外の業者を利用する人も増えていますが、海外の業者を利用して利益がたくさん出れば、その分多くの税金を納税しなければいけません。

 

バイナリーオプションの取引に慣れてきて、多くの利益を出せるようになったら海外の業者を利用すると多額の税金を支払うことになります。確定申告は申告の仕方を覚えてしまえば、自分で手続きをすることができます。申告時期は2月16日から3月15日までの1か月間なので、この間に正しく申告しなければいけません。このようにバイナリーオプションで利益が20万円以上出たら必ず翌年に確定申告をして正しく税金を納めるようにしましょう。