バイナリ−オプションの仕組み

最近注目されているバイナリーオプションは、取引方法が株取引やFXなどと比べてもシンプルで、少額から取引できる金融商品です。シンプルな取引方法だということを理解してもらうために、簡単に説明するとトランプゲームにあるハイ&ローのゲームの内容と取引方法が似ています。例を挙げると取引の相場が1ドル110円だとして、一定時間後に110円よりも上がるか下がるかを想像するのがバイナリーオプションの基本となります。

バイナリーオプションは相場が上がるか、下がるかどちらかの選択肢しかないので、投資方法や市況グラフの見方などが分からない、これから投資を始めてみようと思っている人でも投資の取引がしやすいメリットがあります。相場はその都度上がったり下がったり変わりますが、勉強と経験を積んで、この相場の流れをしっかり把握することが出来れば、相場が現時点と比べて上がるか下がるか見えてくる可能性があるのではないでしょうか。

 

一般的に投資というとネガティブなイメージを持たれる人が多いですが、バイナリーオプションなら取引を始めた時点で損失額を把握することができるので、ズルズルと損失額が膨れていく心配もありません。投資に関する考え方が他国と違って投資は失敗するという考え方が根強い日本人向けの投資方法と言えます。

 

2者択一といっても簡単な投資ではありません

しかし所定の時間経過後に相場が高くなっているか安くなっているかを当てるだけの投資方法なので、簡単な投資方法だと思い込んで基本的な知識もないままバイナリーオプションをするのは危険です。簡単な取引方法だからこそ、投資方法の基本をしっかり勉強してからバイナリーオプションの取引をするようにしましょう。これから投資を始めてみようと思っているビギナーの方に最適な投資方法ですが、大きな損失を出さないためにも、まずはバイナリーオプションの仕組みをしっかり理解してメリットとデメリットを自分で判断できるようなりましょう。

 

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションは近年になって行われるようになった投資方法です。FXにおけるオプション取引のことになるのですが、当然投資ですのでメリットもあればデメリットも存在しています。バイナリーオプションにおけるメリットを紹介していきます。

取引時間が限定的

バイナリーオプションのメリットの1つとしては、取引時間が限定的であることですね。投資と言うと株式投資をイメージする人も多いですが、株式投資の場合は株式を保有し、相場の価格とにらめっこをしながら売りや買いを続けていく方法が一般的です。注文の仕方にもよるのですが、少し目を離している間に株価が大きく変動をしてしまって、損をしてしまったというケースも少なくありません。

しかし、バイナリーオプションの場合は最短で2時間の判定時間というように取引時間が限定されています。すごく大雑把に書いてしまいますと、ある時刻までに現在のレートから上がるのか、下がるのかのどちらかに投資をするのがバイナリーオプションです。つまり、ある時刻である判定時間が決まっているので、結果がどうであれその時間がくれば取引は終了します。ですので、投資をしているからといって、チャートに釘付けとなる必要はありません。

時間のないサラリーマンにも

サラリーマンの人であれば、取引時間にあえば昼休みに投資を行って、仕事が終わる時には結果が出ているでしょう。主婦の方でも家事の合間に投資をしておいて、他のことをしている間に取引が自動的に終わっているので、時間を比較的自由に使うことができます。判定時間が長いものであっても基本的には24時間以内に取引は終わりますので、副業としてバイナリーオプションを考えている人にはぴったりかもしれません。

 

他の投資とは違って、投資を行った時点で後は経緯を見守っているしかありません。中には権利放棄といって、判定時間がくる前に取引を終了できるサービスが行われていることもあります。これは取引をした後に、自分が投資をしたのとは反対側にチャートが大きく動いてしまって、どう考えても設定されたレートまでは届かないだろうという時に利用することができます。ただし、権利放棄を取り扱っている業者はまだ少なく、判定時間が迫っている時には途中放棄ができないこともあるので、事前確認しておくと良いでしょう。

 

バイナリーオプションには多くのメリットもありますが、反面でデメリットとなることもあります。これからバイナリーオプションを始めようと考えているのであれば、メリットとデメリットの双方を良く理解した上で、行うようにしていきたいですね。バイナリーオプションに限らず、投資というのは基本的に元本を保証するものではありませんので、充分にデメリットも理解しておくべきです。

 

では、バイナリーオプションのデメリットを考えてみると、まずは自分の投資が失敗に終わった時には、投資金のすべてを失ってしまうことがあります。大雑把に書いてしまうと、バイナリーオプションとはある時刻のレートを基準として、あらかじめ設定された時間後にレートが上がっているか下がっているのかに投資を行うものです。このルールに関してはメリットでもありますが、デメリットでもあると考えられています。

 

時間が区切られていることのデメリットもある

FXや株式投資に関しては、バイナリーオプションのような時間設定がありませんので、売買に関する判断はすべて自分で行っていきます。ですので、一時的に損失を出したとしても、最終的には利益になったというケースも少なくありません。また、損失が出たとしても早めに対処できれば、投資した金額のすべてを失ってしまうというリスクも小さくなります。

 

しかし、バイナリーオプションでは時間が区切られているからこそ、その時点で判定がなされ、一度投資をした後は何もするこができません。また、結果として投資が失敗に終わった場合は、投資した金額の全額を失ってしまいます。投資を行う金額を少なくすることで、リスクを軽減することはできますが、それでは投資に成功した時に出せる利益も少なくなってしまうので、損益のバランスを考えて取引をしないといけなくなるのです。この取引のバランスが難しいとされていて、初心者の人がおいそれとは多くの利益を望むことはできないでしょう。

 

基本的に損益は自分でコントロールできるのがバイナリーオプションの特徴なのですが、自分自身の感情などを抑えて冷静に取引することが重要になります。

 

バイナリ―オプションでリスクを回避する時のコツ

投資を行うのであれば、リスクを管理するのも大切なことです。これはバイナリーオプションに限った話ではなく、株式投資やFXについても同じことが言えるでしょう。そのためバイナリーオプションを始めるにしても、リスク回避のことは最初に考えておかなければいけません。

資金管理によるリスク回避

基本的にバイナリーオプションはその取引方法から、損益の確定がコントロールしやすい投資方法です。そこで無理な投資をしてしまわないように、自分できちんと投資する額を決めておくことがリスク回避に繋がってきます。良く言われることですが、投資に個人資産のすべてを利用するのは、かなり危険な方法です。投資に成功すれば良いのですが、失敗してしまった時に、すべての個人資産をなくしてしまいます。こうしたことにならないようには、投資を行う金額は余剰金の範囲で行うようにするのがポイントですね。また、失敗が続いてしまったからと言って、頭に血が上ってしまい投資金額を上げてしまう人が少なくありません。

無理な投資は禁物

確かに投資金額を上げることで、成功すれば返ってくる利益が大きくなり、コレまでの失敗分を取り戻すことも可能です。しかし、これまで失敗ばかりしていたことが、投資金額を上げたから急に成功することはありません。バイナリーオプションの性質上、成功することもあるでしょうが、根本的な部分で理解できていないと、損失を広げてしまうだけです。

広く投資する

そもそもバイナリーオプションはFXにおけるオプション取引の1つです。ですので、バイナリーオプションとFXを同時に取扱している業者も多くいますので投資方法を限定するのではなく、いずれの投資についても薄く広く行うようにすることがポイントになります。でリスク回避をしつつ、利益をあげるようにはするには、バイナリーオプションだけに拘らないようにして下さい。

 

また、バイナリーオプションはシンプルなルールで初心者にも簡単に始めることができるとする情報が流れています。確かにFXや株式投資と比較すると、とっつきやすい部分はありますが、同じように相場に関する知識を持っていないと損失ばかりが大きくなるものです。ですので、こうした言葉に従って気楽に始めるのではなく、投資である以上はFXや株式投資と同じように勉強をしなければ、リスク回避をすることは難しいでしょう。