バイナリ―オプションのレンジ相場って何?

バイナリーオプションには様々な用語があり、その用語の1つがレンジ相場です。バイナリーオプションだけではなく、FX取引などでも使われる言葉なのですが、特定の範囲内で相場の値動きが上下を繰り返す状態のことを指しています。まるで箱の中に閉じ込められたように相場が動くことから、レンジ相場と呼ばれており、他にもボックス相場という言い方をすることもあります。チャートの動きで見ると、小刻みに上下を繰り返していることだと覚えておくと良いでしょう。

 

レンジ相場

レンジ相場とは相場に影響を及ぼすような大きなニュースがない時や、需要と供給のバランスが取れている時に起こりやすいとされていて、比較的に予測しやすい値動きをします。上下に相場が動くことから、上がった後は下がる、下がった後は上がるという動き方をすることから、バイナリーオプションでは非常に有利な相場状況だと言えるでしょう。勿論100%そうなるとは限りませんので、注意をしておく必要はあります。

 

 

バイナリーオプションはFX取引とは違って、値動きが小さくても利益を出しやすい投資方法です。また、限られた時間内で相場の動きを予測するものなので、予測を立てやすいレンジ相場はバイナリーオプション向きかもしれません。レンジ相場になった時に両建取引を行うことによって、上下のダブルで利益を狙うこともできるので、この値動きの状況をしっかりと掴めるように練習しておくことが大切だと言われています。

 

トレンド相場

このレンジ相場と関連するのがトレンド相場です。相場のチャートを見ていると、同じようなところを小刻みに動いている状態と、一気に値上がりする、もしくは値下がりする方向へと進んでいくことを繰り返しているところがありますよね。同じようなところで停滞しているのがレンジ相場であり、一方向へ一気に進んで行くのがトレンド相場です。レンジ相場が長く続くほど、トレンド相場になると一気に値動きをすることが多くあります。為替相場の値動きは、レンジ相場とトレンド相場の2つを繰り返して動いていくと考えておくと良いでしょう。

 

バイナリーオプションは基本的には二択で行える投資という事で、その攻略法も溢れるほどあります。その方法も様々で、正統派に相場を読むという方法もあれば、確率論に頼るものもあったり、もっとアナログな方法もあります。ここではどんな攻略法があるのか、その一部をご紹介します。

 

スロットをされる方のテクニックで目押しというものがあります。これは、スロットの絵柄をタイミングよくボタンを押すことで合わせるのに使用するテクニックですが、これをバイナリーオプションでも応用するという方法です。前後するチャートを見ながらタイミングを合わせて押すという、予測を全く必要としない方法ですが、この方法で実績を出している方もいるそうです。とはいえ勘にたよる所があり確率論を用いるのが一般的です。

 

ボリンジャーバンド

確率論でよく用いられているのは、ボリンジャーバンドです。バイナリーオプションは基本的には二択の投資ですから、最低50%は当たる確率があるという事になります。これをあらゆる確率論の方法で60%、70%と上げるというのが確率論の考え方です。

 

 

ボリンジャーバンドはアメリカのジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、転換点を読む為に使われています。正規分布の考え方と、統計学の標準偏差に基づいて考えられている指標です。このボリンジャーバンドは、移動平均を表す線と値動きの幅を示す線を上下に加えた指標の事で、他にも株取引やFXなどでも用いられています。

 

テクニカル分析

相場を読むという方法では、最も基本的な攻略方法としてテクニカル分析があります。ローソク足チャートを見ながら、過去の値動きで今後の変動を予想するという方法ですが、これもバイナリーオプションに応用されています。テクニカル分析はオシレータータイプとトレンドタイプという2種類があります。オシレータータイプは線の上がりすぎ、下がりすぎを分析するもので、トレンドタイプは上げ相場か、それとも下げ相場かを分析します。

どの攻略法を選択されるとしても、実際にお金を掛けて投資を行う前に、まずはデモ取引口座でシミュレーションなどでテストする事をお勧めします。

 

レジスタンスラインとサポートライン

 

バイナリーオプションはただ闇雲にハイかローを選んで取引をすると、自然とリスクが大きくなるので、様々な取引の方法を理解することが重要です。この取引をするためにレジスタンスラインとサポートラインを、しっかりチェックして取引を攻略していくと利益を出せる可能性が高くなります。また、為替のレートの高値と違う高値を結んでいる水平のラインのことをレジスタンスラインと言い別名上値抵抗線とも呼ばれている線です。

 

バイナリ―オプションで使えるテクニカル分析

 

このレジスタンスラインを超えると一気にレートが上がります。これ以上レートが上がるか上がらないかの値に、ラインを設定することでバイナリーオプションでも目安になります。反対にサポートラインとは、相場で下落している状態で下げ止まっている箇所の水平ラインのことで、下値支持線とも言われています。これ以上レートが下落しないだろうと思ったところにサポートラインを設定すれば、その後に上昇することがあります。

 

レジスタンスラインとサポートラインを意識

基本的にバイナリーオプションは1つの地点からレートが上がるか下がるかを予想して二者択一で取引する投資方法なので、これ以上上がったり下がったりしないだろうという一定のラインを予測することができれば、そのタイミングで上がるか下がるかを選ぶ事で利益が出る可能性が高くなります。レジスタンスラインやサポートラインは急激に上昇したり下降したりすることがあり、予測をある程度判断できるようになるまでは、勉強と実践が必要です。勉強と実践を繰り返して、レジスタンスラインやサポートラインをしっかり意識して取引することができれば、バイナリーオプションで利益が出る可能性が高まるのではないでしょうか。

 

経済指標発表にも注目

また取引をする時間も重要で、経済指数発表がある時間帯は大きくレートが上下に動くので、発表がある時間帯は取引を控えることで投資額の没収を避けることができます。時間を気にしないで取引をしてしまうと、予想外の相場の流れに対応できなくなってしまいます。そうならないためにも、この時間は大きく相場が動く時間だから注意しようという危機意識を常に持ち続けることが重要です。

 

 

バイナリーオプションにも使える便利ツール

 

バイナリーオプションの業者で口座を開けば、簡易チャートを確認する事が出来ます。ただ、簡易チャートでは出来ない事も多く、テクニカル分析などを行うには役不足、といった感があるでしょう。そこで、MT4という無料のチャート用ツールがお勧めです。正式にはmetatrader4という名前で、ロシアの会metaQuotesSoftwereが製作したソフトウェアです。バイナリーオプションだけではなくFXなどでも非常に多くの業者に使用されています。日本で口座を開設出来る海外の業者はほとんどこのMT4を採用していて、日本の業者も現在は数社が採用しているなど、圧倒的な支持を受けています。

 

MT4のメリットとデメリット
MT4の利点

インターネットなどで紹介されているバイナリーオプションの攻略法の中にも、MT4を使用する事が前提になっているものも多くあります。その人気の理由は非常に高い自由度にあります。自由度が高いというと、プロ向けの操作が難しいツールと思われるかもしれませんが、初期設定は素人でも使いやすくなっているので安心です。数十にも及ぶ優秀なツールが導入されており、自由にカスタマイズして好きなチャート画面を作る事が出来ます。

MT4のユーザーの方が作成した自動売買のシステムなどの多くがインターネット上で取得可能ですし、プログラミングなどが出来ればオリジナルの指標すらも作成可能です。まさに可能性は無限大と言えますね。それ以外にも、例えばストキャスティクスやボリンジャーバンド、移動平行線などを同時に表示したりと、詳しく相場を分析出来るようになります。また、これだけの高機能にも関わらず、動作も軽いという事も高く評価されている大きな理由となっています。

MT4の欠点

ただ完全無欠という訳ではなく、欠点も挙げられています。それは、デモ口座のサーバーがフリーズしやすいという点です。ただこの点も、アップデートなどで修正が可能でしょうから、改善される可能性はあるでしょう。

最初は使用方法で少し手間取るかもしれませんが、慣れれば非常に便利なツールだと実感出来ると思います。ですからまずは、MT4をダウンロードして利用されてみてはいかがでしょうか。