バイナリーオプションは詐欺なのか?

バイナリーオプションはギャンブル性や賭博性が高く、海外業者によるトラブルに巻き込まれることも多いため、バイナリーオプション=詐欺と思われている方も多いのではないでしょうか?2013年に日本のバイナリーオプション(BO)には規制が入り、ギャンブル性や賭博性はなくなりましたが、海外のバイナリーオプションは規制がなく金融商品取引業の登録を行っていない業者も多いため、出金できないまま業者と連絡が取れなくなってしますなどの詐欺被害に巻き込まれてしまうことがあります。最近ではバイナリー投資に関する相談は90倍にも急増しているそうです。

 

特に2chまとめ風ステマサイトや儲かってばかりで全然損しないというブログの広告でおすすめしている業者には注意が必要です。下記は海外バイナリーオプション業者について検証されているサイトですので、海外業者に申し込む前に事前にチェックするのがいいと思います。
急増するバイナリーオプション詐欺について 始めに&目次(詐欺業者リスト)

 

この知恵ノートによると現在海外バイナリーオプション業者で怪しいとされているのは83にものぼるそうです。もちろん全ての海外業者が詐欺業者というわけではないと思いますが、海外業者を利用する前には一度上記のサイトでチェックしたいですね。

 

国内のバイナリーオプション取引について

上記のようなことからバイナリーオプション=詐欺と思われているかもしれません。しかし国内では規制がかかったため、海外業者ほどのギャンブル性はなくなりました。規制前のバイナリーオプションはルーレットに近い、丁半博打でした。さらにレンジ外で親が総取りするルールがあったため、ルーレットと同じで回数を増やすほど負ける仕組みになっていました(規制後はレンジ外の設定は禁止)また、時間にも制限がかかりました(海外業者では1分後などの短時間予想ができるが、国内では最短でも2時間)バイナリーオプションではハイ&ローで1か0かのイメージがありますが、国内業者では通常のFXと同様に利益確保や損切など途中決済することが可能です。また証拠金以上の損失がでないのと、保有期間が長くて1日のため投資初心者でもリスクが制限されるメリットがあります。超短時間の予想は難しいため50%のギャンブルですが、ある程度期間があれば、トレンドやチャートパターンなどを見てからインしたり、途中決済もできるので裁量で計画的にトレードすることが出来ます。

 

バイナリーオプションの口コミ

近年注目されている投資方法の1つに、バイナリーオプションがあります。バイナリーオプションとはFXのオプション取引の1つで、ここ数年で普及してきたと言っても過言ではありません。イメージ的に株式投資やFXよりも始めやすいと考える人も多いですが、実際にはそんなことはなく、利益をあげていくには同じように相場について勉強する必要があります。ここではバイナリーオプションを実際に経験した人の体験談をまとめてみますので、これから始めようとしている人の参考になれば幸いです。

 

株式投資やFXとは異なり、バイナリーオプションの取引はあらかじめ取引終了の時間が決まっています。この取引終了時間は判定時間とも呼ばれているのですが、ともかく時間がくれば取引に区切りがつくのです。このことからFXや株式投資などを行っていたけれど、優柔不断な性格から決済のタイミングを逃すことが多かったという人には、バイナリーオプションがあっているかもしれません。上でも書いたように時間がくればイヤでも取引終了となってしまいますので、自分では決断しなくとも取引を終えることが可能です。

 

口コミの体験談を見ていると、上でも触れたように自分では今がチャンスだと解っていても、まだ上がるかもしれない、まだ下がるかもしれない、と考えてしまってなかなか決済できない、という優柔不断な人も多くいます。そうした人にとっては強制的に投資できる時間、投資の結果が出るまでの時間があらかじめ決まっているバイナリーオプションが魅力的に見えるそうですね。

 

実際に経験した人の多くが、FXや株式投資では結果が出せなかったという人が多く、バイナリーオプションを利用することで初めて投資で利益が出せたケースも少なくありません。バイナリーオプションの性質から、人によっては投資ではないと言い切る人もいるのですが、実際にはFXや株式投資と同じように相場について勉強しなくてはいけないほどです。その上で、バイナリーオプションに魅力を感じているといった経験者は多く、口コミ体験談を見ていると、今後も広まっていくと言って良いでしょう。