海外業者のデメリットについて

バイナリーオプションで海外の業者を利用する時には注意するべき点がいくつかあります。国内業者とは勝手が違うため、慎重になって業者を利用しないと、トラブルに巻き込まれてしまいます。まず、国内と海外の業者では、バイナリーオプションで得た利益の確定申告の仕方が異なります。

 

国内と海外での課税の違い

国内の場合は申告分離課税が適用されるのですが、海外業者だと総合課税として税金が適用されます。税金に関して不安のある方は、きちんと日本語のサポートを行っている業者を利用してください。日本語でのサポートが不十分な業者を利用してしまうと、十分な説明を受けることができず、損をする可能性があります。

 

海外の業者を利用する前に必ず利用規約やその他の説明事項をきちんと確認しておいてください。特に出金やボーナスなど、細かい部分についての理解を深めておかないと、困ってしまうことがあります。海外業者で出金をする時には国内の業者よりも時間がかかってしまう為、気をつけましょう。規定されている日数よりも長くかかってしまうことがある為、出来るだけ余裕を持って出金をしてください。

 

海外の業者ではクレジットカードを使えるのが普通の為、もし持っていない方がいたら、事前に用意しておくと便利です。海外業者には、信託契約を行わないところがあるため、そのような業者との契約には気をつけてください。万が一の時に、資産が保証されないのはかなりの痛手となってしまう為、出来れば信託契約をするべきです。

 

評判の良い海外業者も存在する?

最近、色々な所で話題となっている海外バイナリーオプションの評判について紹介しましょう。日本では、バイナリーオプションに対する規制が行われた為、海外の業者を利用しようという人が増えています。その方達の中には、海外の業者に満足している人もいれば、不満を抱えている人もいます。

 

良い業者を上手く選ぶことが出来た人については、日本の業者を利用していた時よりも満足している人が多いようです。規制の影響を受けることがない為、自由にバイナリーオプションの取引を進めることが可能です。それによって、大きな利益を得ている人もいて、快適に取引を行っている人がいます。しかし、一方では、海外の業者を利用することによってトラブルに巻き込まれたという方もいます。

 

海外バイナリーオプションのメリットとデメリット

海外ではクレジットカードをバイナリーオプションの入金に使うことが出来るのが特徴です。これがとても便利であり、銀行振込に比べて時間がかからず、すぐにお金を入れることが出来ます。また、扱っている銘柄の種類が多かったり、取引方法のバリエーションが豊富にあることも、良い評判となっています。海外の業者であっても、日本語にきちんと対応していることが多い為、安心して取引に集中することが出来るという方も多いです。

 

このように海外バイナリーオプションには色々な評判があり、きちんとした業者であれば、全体としては良い評判の方が多くなっています。しかし、リスクや不安点も存在していることは事実の為、サービスの詳細を確認して、安全に取引を進めましょう。そうすれば、海外バイナリーオプションの良さを実感することが出来て、不満を感じることはなくなります。

 

海外の業者を利用してバイナリーオプションをすることにはたくさんのメリットがあるのですが、一方でデメリットも存在しています。メリットとデメリットがあることをよく理解した上で、海外の業者を利用するかどうかを決めてください。まず一つ目のデメリットとして、銀行へのクイック入金をすることができない点があります。国内の業者では、そこと提携している金融機関へ24時間対応でクイック入金が可能となっているため、バイナリーオプションのための資金をすぐに入れられます。海外業者の場合は、クレジットカードを利用することによって、クイック入金ができます。

 

海外業者のサポートについて

また、海外業者では当然のことながらサポートをしているのは海外の会社であり、それが不安な点となります。基本的には、メールやチャットにより、質問をしたり、問い合わせをすることになります。もちろん、日本人スタッフも多くの業者で存在している為、英語が出来なくても問題はないのですが、それでも日本の業者に比べるとサポートの質は劣ってしまうでしょう。

 

トラブルについて

海外の業者とお金のやり取りをする場合、日本の業者よりもトラブルが発生しているケースが多いです。これは、海外業者の中には信頼出来ない業者や無登録の業者が存在しているからです。特にきちんとその業者の評判を調べずに利用してしまうと、後で痛い目にあってしまう可能性があります。もちろん、海外業者の多くは信頼出来る会社であり、トラブルに巻き込まれず取引可能なのですが、それでも不安を感じる方は多いでしょう。

 

また、日本の業者と比べて得られる情報がどうしても限られたものとなってしまいます。日本人の多くは、バイナリーオプションを利用する時には国内の業者を使っているため、海外の業者を選ぶ時に参考にするべき情報があまり得られないでしょう。その為、業者選びに失敗してしまう可能性が国内の業者と比べて高くなってしまうのです。上記のように色々なデメリットも存在している為、それらを理解した上で利用してください。

 

無登録の業者だとこんなトラブルも・・・

海外業者の中には国内で未登録になっている業者が存在するため注意しましょう。これは、日本で登録をしてしまうと日本の法律による規制が生じてしまうため、それを避けるために国内では未登録となっていることがあります。未登録業者を利用することによって、国内業者では得られないメリットもあるのですが、トラブルに巻き込まれる可能性も高くなってしまいます。出来るだけリスクを抑えてバイナリーオプションをやりたいならば、日本できちんと登録している海外業者を使いましょう。

 

特に出金に関するトラブルは多くて、中にはせっかく稼いだお金を受け取ることが出来なくて困っている人もいます。けれども、トラブルに発展している人の中には、きちんと詳細を確認していなかったことが原因となっているケースもあります。海外のバイナリーオプションの評判に関しては、全てを信用するのではなくて、あくまでも参考意見として受け止めることが大切です。

 

海外バイナリーオプションでよくあるトラブル

 

出金に応じない

たとえば、その業者の取引口座から出金しようと思ったのに、こちらの求めに応じてくれないことがあります。ちゃんとバイナリーオプションの取引によって利益が生じているはずなのに、お金を出してくれないのです。数百万円もの利益を得ることが出来たにも関わらず、1円も出金出来ないというケースが実際にあります。業者に連絡をしても、色々な言い訳をされてしまったり、最悪の場合は連絡がつながらないこともあります。もし海外の業者を利用するならば、必ず登録の有無を確認してから手続きを行いましょう。たとえ海外に存在する業者であっても、日本人との取引を行うには、金融商品取引業の登録が必要となるのです。金融庁では問題のある業者を一覧にして消費者への注意を喚起しているので、必ず確認しましょう。

 

手数料のトラブル

また、手数料について勘違いしてしまうことからトラブルに発展するケースもあります。国内の業者と海外の業者では、どの段階で手数料が発生するのかが異なっていることが多いです。事前にきちんとサービスの詳細を理解していればいいのですが、日本の業者と同じシステムであると勘違いして、後で手数料を取られて不満をいう人がいます。他には、海外のバイナリーオプションではボーナスのサービスを用意していることが多いのですが、それを受け取るためには条件を満たしている必要があります。条件を満たしていないのにボーナスをもらうことができないと文句をいう人が中にはいるのですが、これは勘違いによるトラブルといえます。

 

海外バイナリーオプションを利用する際には、システムやサービスの内容をきちんと把握してください。そして、誤解なく、どのように取引をすればいいのかをきちんと理解してから利用しましょう。また、業者を選ぶ時には、信頼性が高くて、多くの方が利用しているところを選びましょう。

 

また海外無登録業者と金融庁に登録されている外資系バイナリーオプション・プロバイダーを混同しないように気を付けましょう。例えば、イギリス系の大手金融サービス企業でロンドン証券取引所にも上場している、IGグループの日本拠点であるIG証券株式会社は金融庁及び日本証券業協会、金融先物取引業協会にも加盟している非常に優良なプロバイダーです。金融庁が違法な無登録業者のリストを公開していますのでチェックしましょう。