国内バイナリーオプションを行う際には、口座の開設が必要です。この口座開設は、大抵の場合はインターネットでホームページから行えます。その際に必要なものとしては、本人確認の為の身分証があります。送り方は郵送のみの場合と、撮影してメールなどに添付するだけで完了、というケースがあります。この手続きを誤ってしまうと解説手続きが進まず、いつまで経ってもバイナリーオプションを開始出来ません。ですから、よく理解しておく必要があります。

 

免許証の場合

免許証の場合、裏面のコピーが必要になる事が多いのでお忘れの無い様にして下さい。住民基本台帳カードも本人確認に使用できます。有効期限が切れていないか送付前に確認しましょう。また変更がある場合には、裏面のコピーも必要となるでしょう。

 

住民票の場合

住民票は大抵コピーでは不可ですので、役所などから取り寄せたものをそのまま送るようにしましょう。また、発行から3か月以内の物と指定される事がありますのでその日付を確認しておきましょう。印鑑証明書の場合も住民票と同じく、コピーは不可で3か月以内のものを使用してください。

 

保険証の場合

各種健康保険証も使用できます。名前と生年月日、現住所が記載されている面を使用します。各種年金手帳と福祉手帳も同様です。年金手帳は載欄が無い場合のみ、別途住所証明が必要になります。

 

パスポートの場合

パスポートを本人確認に使用される場合には、日本語で記載されているものでないと使用出来ません。名前、生年月日、が記載されている面と、現住所の記載がある面の両方が必要となります。在留カードの場合、期間内のもののみ有効で、裏面に記載があれば裏面も同時に必要になります。これらは証券会社によって多少異なりますので、送付前に公式サイトから確認する様にして下さい。

 

それ以外に必要なものとして、振込先指定口座としてご自身の銀行口座が必要となります。ほとんどの証券会社では、日本国内の金融機関のみしか承っていません。その種類は銀行、信用金庫、信託銀行、協同組合や信用組合などが指定出来ます。

 

これからバイナリ―オプションを始める時の注意点

 

バイナリーオプションはシンプルな取引ルールで投資が出来たり、少ない資金で始められる金融商品だと認識している人が多いです。しかし良いことばかりでなく、取引をする際の注意点を理解していなければ、あなた自身が痛い思いをすることになります。

リスク管理が重要

基本的に自分の予想が外れてしまった場合、投資した金額を全て没収されてしまいます。株式投資やFXの場合は、危険を感じたら取引しているポジションを途中で手放すことが出来ますが、バイナリーオプションは途中で手放すことが出来ないので、予想が外れた場合はどうすることも出来ません。その為、バイナリーオプションの取引に慣れるまでは投資する金額を少なくして、リスクを最小限に抑えるようにしましょう。

 

バイナリーオプションを始める時のポイント

リスク管理

慣れてきたら金額が大きい取引をしたいと思ってしまう人がいますが、たとえ投資に慣れてきたとしても、予めどれだけの資金を投資するのかをしっかり決めてから、投資することが大切です。そしてどれだけの損失までなら自分にとって許容範囲として許すことが出来るかも事前に決めておきましょう。

国内業者を選ぶ

バイナリーオプションの取引をする場合、この商品を扱っている業者の選び方が重要で、国内でバイナリーオプションを展開している業者を選ぶようにしましょう。業者によって条件や詳細な設定などが異なるので、自分の投資スタイルに合った業者を選ぶようにしましょう。自分のスタイルに合っていない業者を利用すると、大きな損益を出してしまう可能性があるので注意しなければいけません。投資をする際に使いやすいからという理由だけで業者を選ぶだけでなく、安全に利用できる業者なのかも見極めなければいけません。

 

どの業者を選ぶのがいい?

どの業者が安全で安心して利用できるかはインターネットの口コミやレビューを見て、その業者に不安要素がないかを全てチェックしてから、利用しても良いかを自分自身で判断しなければいけません。この取引は利益を出すのも損をするのも自分自身の判断に委ねられているので、これから始める人は正しい業者選びと、損をしないためにどのような考え方で取引をすればリスクを最小限に抑えることが出来るかを、しっかり理解してからバイナリーオプションの取引を始めましょう。